メールのやりとりを実際にしてみる|デートの練習に使う

前のページ  1  2  3  4  5  次のページ



STEP1「メールのやりとり」

デートのお申し込み後はメールのやりとりとなります。下記が最初に送るメールの例となります。


例1
「こんにちは。僕は○○(呼び名など)といいます。休みの日は何をしていますか?」

例2
「はじめまして。○○さん(彼女の名前)が凄くタイプだったのでどうしても気になって。好きな映画ってありますか?俺は○○が好きです。」


これはあくまで一部の例ではありますが、簡単な自己紹介と何か一つ質問を入れるのが基本で、メールの文章は短すぎたり長すぎたり極端なのは控えた方が良いかと思われます。質問もメール1通で質問は1つが理想ではないでしょうか。何度かメールのやりとりをして、お互いの自己紹介やちょっとした世間話をすると同時に確認しておくべき事があります。デートの練習をするうえで大切なリサーチです。

好きな食べ物(食事に行くときのお店選びに。
・最近はまっているもの(デートのときに話を盛り上げるための下調べができる。)
・休日はどんなことをしているか(女の子がどんなデートをしたいかヒントがある。)
・呼び名(デートで親近感がわく。)

上記内容をメールで質問しながら彼女が何に興味を持っていて、何が好きで、どんな性格なのか知っていきます。メールで知った情報などで当日の会話の下準備をしておくのも良いです。話が合うのはとても大事です。もちろん聞くばかりではなく、あなたのことも教えてあげて下さい。彼女の方から提案してくれる機会が増えますよ。次のページではデートの場所選びについて記載しています。

前のページ  1  2  3  4  5  次のページ


彼女一覧をみる。

彼女の活用方法をみる。

TOPへ戻る